モデルダイエット

  • 2011/05/31(火) 22:01:24

モデルダイエットってご存知でしょうか?
今とても話題になっているモデルダイエットですが、モデルダイエットというのは、モデルたちがやっているダイエットのことで、普通の人が一生懸命、食事制限をしたり辛い運動をしてダイエットしているのに対して、モデルはそんなことはしないでダイエットに成功しているというものです。
モデルって本当にスタイルが良くてうらやましいと思う人は多いと思います。
でも実はモデルの仕事というのは、結構体力がいる仕事で、一日に何着も洋服を着替えてポーズをとるというのは思っている以上に体力勝負なんだそうですよ。
体力勝負の仕事で小食だと体が持たないこともあって結構モデルさんは大食いの人が多いとも言われています。


最近お邪魔しているサイトです。
健康食品
ドクターJのダイエット相談室
ダイエットサポート食品について


メタボリック症候群の予防

  • 2011/05/31(火) 14:01:02

メタボリック症候群という言葉をよく耳にするようになり、病院のパンフレット等でも目にするようになりました。
具体的にどういう状態のことをいうのでしょうか。
まずメタボリック症候群を疑うべき人には次のような基準があります。
まず、メタボリック症候群の可能性がある大前提として、男性腹囲85センチ、女性腹囲90センチより大きいことが条件です。
あてはまる人は専門機関で調べてもらい、必要ならぱ早めの対応を行った方がいいでしょう。
メタボリック症候群に自分があてはまるかどうか確認するためには、病院で血液検査等をしてもらうことで専門の機関で診断をしてもらうことが大事といえるでしょう。
生活習慣病や動脈硬化を引き起こしやすくもなるので、血中コレステロールや中性脂肪には気をつけましょう。


最近お邪魔しているサイトです。
サプリ ダイエット
ダイエット 低カロリー食品
ドクターJのダイエット相談室


メタボリック症候群とおそろしい病気

  • 2011/05/31(火) 08:20:15

健康維持のためにはメタボリック症候群解消が必要だといわれますが、どんな理由があるのでしょう。
メタボリック症候群の先にはおそろしい病気が潜んでいるからです。
メタボリック症候群が進行すると動脈硬化がおこります。
突然の脳梗塞、狭心症、閉塞性動脈硬化症、心筋梗塞によって死に至るケースもあります。
このような動脈硬化性疾患は、壮年期にいきなり発症することが多々あります。
最初の発作で死なずに済んだ場合でも、症状が残る場合も多いです。
ですからメタボリック症候群の予防には国をあげて取り組んでいることなのです。
いわば、メタボリック症候群である人をそのままにしておくことは、動脈硬化の危険性を高める一方なのです。
食生活で野菜類が極端に不足していたり、日常で身体を動かす機会が少なかったり、腹に脂肪が溜まり気味の人は、メタボリックシンドローム予防を意識した生活を初めてみてはどうでしょうか。


最近お邪魔しているサイトです。
食品 通販
ドクターJのダイエット相談室
ダイエット食品 通販


メタボリックシンドロームは生活習慣から

  • 2011/05/30(月) 21:01:54

生活習慣の見直しは、メタボリックシンドロームにならないためにはとても重要です。
食事や運動といった対策のほかに、忘れてはならないメタボリック対策だといえるでしょう。
生活習慣としてのメタボリック対策の中でも一番注意したことがタバコとお酒です。
お酒をいつもかなり飲む習慣があり、タバコも吸うという人は、これを辞めるというのはなかなか厳しいことではないでしょうか。
メタボリックを改善する対策として、お酒とタバコの生活習慣を断つことは非常に大事な項目なのです。
すっぱりと縁を切ることがどうしてもできない場合があるかもしれません。
そういう人でもあまり影響がないくらいの量にまで、お酒やタバコを減らすように努めましょう。

最近お邪魔しているサイトです。
ドクターJのダイエット相談室
ダイエット 低カロリー食品
健康食品 ランキング


下半身太りの原因を知りダイエットに取り組む

  • 2011/05/30(月) 13:20:18

なぜ下半身は太りやすくてダイエットが難しいのでしょうか。
下半身太りの原因として考えられることは脂肪細胞の数です。
脂肪細胞とは全身にある細胞で、簡単に説明すると、脂肪を蓄える袋のことです。
体内に取り込まれた脂肪は脂肪細胞にたまっていきます。
人によって脂肪細胞の数は違いがあります。
脂肪細胞の数が増える時期は、母親のお腹の中にいる時と産まれて1歳になるまで、そして思春期ということです。
ダイエットをしても一度作られてしまった脂肪細胞を減らすことはできません。
体が太くなるのは、脂肪細胞がパンパンに膨らむほど脂肪を蓄えてしまうからであり、脂肪細胞に脂肪をためないためにダイエットをして、小さな袋の状態にできれば体は細くすることができます。
体全体にこの脂肪細胞はあるわけですが、脂肪細胞の数を上半身と下半身で比較すると下半身の方により多く存在するということです。


最近お邪魔しているサイトです。
ドクターJのダイエット相談室
健康食品 サプリ
ダイエット 健康食品