下半身太りの原因を知りダイエットに取り組む

  • 2011/03/31(木) 22:20:01

なぜ下半身は太りやすくてダイエットが難しいのでしょうか。
下半身太りの原因として考えられることは脂肪細胞の数です。
脂肪細胞とは全身にある細胞で、簡単に説明すると、脂肪を蓄える袋のことです。
体内に取り込まれた脂肪は脂肪細胞にたまっていきます。
人によって脂肪細胞の数は違いがあります。
脂肪細胞の数が増える時期は、母親のお腹の中にいる時と産まれて1歳になるまで、そして思春期ということです。
ダイエットをしても一度作られてしまった脂肪細胞を減らすことはできません。
体が太くなるのは、脂肪細胞がパンパンに膨らむほど脂肪を蓄えてしまうからであり、脂肪細胞に脂肪をためないためにダイエットをして、小さな袋の状態にできれば体は細くすることができます。
体全体にこの脂肪細胞はあるわけですが、脂肪細胞の数を上半身と下半身で比較すると下半身の方により多く存在するということです。


最近お邪魔しているサイトです。
ドクターJのダイエット相談室
健康食品 サプリ
ダイエット 健康食品


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する